読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児中のパン作りという趣味について

パンについては、長らく家で作りたいと思っていました。2年前の2014年冬、異常な降雪があったのは記憶に新しいと思います。御殿場でも相当大変だったと聞きますが、私はまだ標高1000mの山梨県忍野村に住んでいて、1週間近く車を出せない非常事態でした。娘はまだオムツ必須な1歳半過ぎだったので、通常で徒歩30分かかるドラッグストアまで災害時用の大きなリュックを背負って歩いて行き、オムツはじめ考えられる雑貨、食料を買い占めに行ったことを、遠い記憶ながらも鮮明に覚えています(大体、出産を経た母親の記憶は、大変だったことは忘れるようにできているのですが、こればかりは強烈でした)

除雪はメインの道路から行われるので、社宅の駐車場については住民の人力。さらに、うちの車は駐車場の奥の方だったので、1週間近く車は出せませんでした。ドラッグストアで買い占めたというものの、生鮮食品の卵、牛乳、それから賞味期限の短いパンはすぐにスーパーからなくなってしまいました(歩いて行った別のスーパーで、うずらの卵だけゲット。村の養鶏場まで1時間歩いて卵を買いに行こうとしたところ、たまたま車を出せたご近所さんから、何とか手に入れた卵をゲット)。娘はまだ小さかったので、簡単に食べられるパンはできれば手に入れたいところでした。お隣の奥さんがホームベーカリーで作ったパンを差し入れしてくれた時は、本当に嬉しかった。

そんな訳で、2014年6月、29歳の誕生日プレゼントはホームベーカリー!しかし私の配合が悪いのか、パンには不向きと言われる国産小麦粉を使ったからか、口コミほどは美味しくない…確かに焼きたてではあるけど、美味しいパン屋さんの方が美味しい!友達のひとりは、ホームベーカリーで生地だけ作ってオーブンで焼けばいいよー、と教えてくれました。でも、そんな試行錯誤をする間もなく、大学を辞めたり御殿場に引っ越したり。

御殿場でも美味しいパン屋さんを見つけて、ここ1年くらいはパン屋さんでパンを買う日々が続いていました。しかし、パンってすぐなくなるので、パン屋に行けない日はスーパーで買ったりもしていました。いろんなパンが売ってはいるものの、コスト面を考えるといつも食パンばかりになっていたのですが…娘も幼稚園に行ってひと段落した今、あのお蔵入りしていたホームベーカリーが復活です!

友達が言っていた「生地だけホームベーカリー」に今はまっています。面倒なこねと一次発酵だけホームベーカリーに任せ、あとは丸めてベンチタイム(ちょっと生地を休ませる15分ほど)、成形、二次発酵、オーブンで焼成、というものです。これがまあ、家に3時間くらい連続でいられる保障があれば、実働30分以内でできるのです。放置タイムが多いので、夕飯作り、子どもの相手と併行で作れます。できるところは、子どもに手伝わせることもできます。
f:id:inachimo:20160213022119j:image
f:id:inachimo:20160213022133j:image

今日は、「パン作りをしたいなー」と思って最初に買ったはずなのに、後回しになっていた「白崎茶会のかんたんパンレシピ」に着手。本屋でも必ず売れ筋に置いてあるし、Amazonレビューも評価高く、手ごね・植物性オンリー・天然酵母・長時間発酵という最強タッグ。現在、野菜室で12時間の長時間発酵途中。

白崎茶会のかんたんパンレシピ

白崎茶会のかんたんパンレシピ



しかし私の性分としては、「ホームベーカリー」+「天然酵母」、トータル3時間で終わるくらいが丁度良いと気がつきました。

ホームベーカリーで白神こだま酵母パン (講談社のお料理BOOK)

ホームベーカリーで白神こだま酵母パン (講談社のお料理BOOK)



私は別に動物性タンパク質否定ではないし、ただ取りすぎはいかんよねーカロリー高いし、というだけ。こちらは、バターや乳製品も使っているけど少量で済む感じだし、本格派の人は手ごねの方が美味しいと聞くけど、一介の主婦としては効率性も重視したい。

とか言って、白崎茶会が感動的に美味しかったら考えますが。パン作りなんて優雅な主婦の趣味くらいに思っていたけど、実作業時間はたいしたことなく(計量する手間はありますが、発酵のために30分放置とか、オーブンにほりこんで30分とか)、娘が赤ちゃんの時にも出来たやん、と思えます。万が一、第二子とかやってきても、これは続けられそうだし、市販品より添加物ゼロでヘルシーで美味しいし、自分も子どもも喜ぶし(よく食べてくれます)、なかなかパン作りは育児中の趣味にぴったりだなと思いました。「ここまでやるから待ってて!」とキリがつけられない裁縫よりは、大変合理的な趣味であることは確かです。

「運動不足」という聞き慣れた言葉について

年末から更新されていませんでした。ついつい、気軽なFacebookに書いてしまうのですね。

さて前年は、こちらほぼ裁縫ブログと化していたわけですが、新年に旦那のシャツ作りで性根尽き果てた後は、ジム通いとパン作りがメインアクテビティとなっております。
↓相当大変だったメンズシャツ
f:id:inachimo:20160213011415j:image

ジム通いについては、昨年末から御殿場市の体育館で行われているチケット制のエクササイズ(エアロビ、ヨガ)に週2〜3で通っていたのですが、その先生のひとりに紹介していただいて、自宅から2kmくらいのところにあるフジ虎ノ門病院という整形外科病院付設の「有酸素運動施設(要はフィットネスクラブ)」に入会。体育館も気軽で良かったのですが、娘が幼稚園に行っている間となると、参加できるプログラムがかなり限定されていて、しかもその日が幼稚園行事と重なると、ろくにカロリー消費もできず。。やる気満々のうちに、本格的なフィットネスクラブに移行しました。こちらは、平日会員でも週5回、私が行ける時間帯でもエアロビ、ピラティス、ヨガ、アクアビクス、その他トレーニングマシン、プールも利用できます。平日午前中となると95%はおばあちゃまで、私は完全に浮いていますが、異なるジェネレーションの観察も社会勉強になっていたりします。

そこそこ食べることも続けているので、目立った体重減少はまだ見られないものの、明らかに身体が柔らかくなったり、関節の動きがスムーズになって歩くのも泳ぐのもスイスイできるようになったり、疲れにくくなったり、生活に張り合いが出てホルモンバランスも整ったりと、肉体的にも精神的にもかなり良いと実感しています!これまでの人生で、体の不調の原因を調べると大体、「ストレス、不規則な生活、偏った食生活、運動不足」などと出てきて、なぜだか「運動不足」だけはサラッと読み流してしまっていたのですが、ほんまに運動はいい!漢方、マクロビなんかもいいかもしれないけど、リアルに運動だけで、往年の長め生理周期も改善されました。。

サッカーをやる旦那には結婚以来7年近く「運動すればいいよ。痩せたいなら走ればいいよ」と言われ、「そんな時間ないよっ!走ったらお腹痛いし筋肉痛になるし」と言い続けてきましたが、早く素直に聞いておけばよかった。さすがに部活歴のない私は、いきなりランニングは身体に負担と思いますが。食事制限だけでは基礎代謝が落ちてしまうようだしね(30代になって、食事制限だけでは痩せないことに気がつきました)。運動は筋力や体力もつくし、体重減らなくてもむくみが取れたり身体が軽くなったりするので、本当に良いことなんだなーと学びました。娘にも、運動好きな子どもになってほしいから、私みたいに音楽と勉強ばかりのインドア児にはなってほしくないです。

さて、運動だけで長くなってしまったので、パン作りについては稿を改めます。
f:id:inachimo:20160213013954j:image

西川美和鑑賞

昨日から旦那の冬休み10連休が始まり、娘との「あー冬休みだねー、どうしよー」感は消え去る。旦那がいなければ「ママと2人っきり」感で、意外と従順な娘ですが、大人が2人いるとなかなかのわがままっぷりでもあります。自分は2才3ヶ月差で姉がいるので、お互い物心ついた頃から、母以外の、しかも大人じゃない子供の同居人がいた訳です。だから、3才5ヶ月の1人っ子は、私にとっても未踏の人材というわけ。なかなか大変ですよー。

昨日は旦那の誕生日祝いを兼ねて、壊れてしまった腕時計を買いに行ったのがメインイベント。役付きにもなったので、そこそこ高い時計もいいかなあとも思ったのですが、営業職でもない旦那は、意外に見た目で選ぶという選択(エンジニアだから、電波時計など機能で選ぶかと思った)。今日は朝ゆっくりめに起きてフレンチトーストを作った後、旦那の発案で娘とパパは樹空の森、私は年内最終営業の御殿場市営プールへ。その後、樹空の森隣接の御胎内温泉で合流。さらにその後、御殿場に引っ越してきた会社のお友達の新居にお邪魔。

帰宅後、飲酒済みの旦那(私はドライバー)はソファで寝てしまい、今やチャンスと思った私はコンビニで買ってきたチューハイお供に、先日借りてきた映画「ゆれる」を鑑賞。

ゆれる [DVD]

ゆれる [DVD]

ずーっと見たかった西川美和さんの作品。実はこれは2作目で、前回見たのは結婚詐欺をモチーフにした「夢売るふたり」。

夢売るふたり [DVD]

夢売るふたり [DVD]

実を言うところ、私は姉と違って全く映画フリークではなく、レンタルビデオなんてなくても生きていける人間。だから全然相対的な評価はできないのですが、西川美和さんはかなり面白いと思う!「夢売るふたり」は、もう一回観たいところを、なかなかのエロシーンがあるのもあいまって、レンタル期間1週間で1回観るのが限度。「ゆれる」も、今日お友達の家で興奮した娘を寝かせた後に鑑賞しているのですが、すでに2回「ママ〜!」と泣かれて中断されたのが現実。幼稚園に行ってこの世の春かと思われる母ですが、映画1つ観るのもそこそこ気合いがいる、という現実を伝えたかったまでです。

ちなみに、この「ゆれる」は、山梨県の富士吉田(や鳴沢村?)をロケ地にしており、新婚以来5年以上この地にお世話になった人間としては、いちいち「ここ、知ってるー!138やん。あそこや〜ん」とニヤニヤせざるを得ず、余計に楽しめました。ともあれ、映画通とは言い難い私が言うのですから、西川美和さんの作品は必見、と申し上げたい。西川さんは広島県出身ノートルダム女子学院ご出身(→早稲田)なところから、小学校3年生の1年間広島に住んでいて、中高はクリスチャン系の学校に通っていた私は、ある程度同類と言えると思っている。でも、「田舎の因習」に染まった人間は私の周りにいなかった。御殿場で、そこまでの「悪人」に出会ったわけでもなく、むしろ「いい人」に出会ってきている私ではあるが、この映画を観るにつけて、「田舎的なもの」と対峙しなければならないとも思っている。

中途半端ですみません、もう少し映画のレビューが書ければ。


ばあば便

大阪の実家から、自称「ばあば便」が届きました。ここ数年、年末年始は帰っていないので、わりとこの時期にクリスマスプレゼントを兼ねて宅急便が届きます。一部、写真でご紹介。

f:id:inachimo:20151223000613j:image
娘にはおようふく。サンタクロースのラムネも入ってました。

f:id:inachimo:20151223000648j:image
行列のできる神宗(かんそう)の昆布と、丹波の黒豆が嬉しい。大阪の塩昆布は美味しいんですよー。なかなか東では売っていない。

f:id:inachimo:20151223000915j:image
子供用数珠。私が使っていたもの。なぜか娘がやけに気に入ったらしい。

f:id:inachimo:20151223001015j:image
テーラーをしていた祖母の荷物整理(まだ生きてますが)で、プロ用裁ちバサミ、ファスナー、ミシン糸など。ミシン糸は絹糸!紳士服はウールなので、絹糸使ってたみたいですね。近頃は、ポリエステルのミシン糸が定番なので、やや驚き。プロ用裁ちバサミは、これほんまに刃物ですね。シャリーンと切れそう。

f:id:inachimo:20151223001358j:image
そして今回の目玉は、母が30代の頃に着ていたファミリア製品の山!昔は大人のもあって、親子ペアできるようになっていました。30年近く経っても生地は何ともないとのことで、娘用にリメイクさせていただきたいと思います。大人用だから、子供服2〜3枚は取れそうですね。しかし、確かに生地は何ともないし、上質かつ縫製ばっちりやけど、型が古臭すぎて、なんでこんなもん着てたんや⁉︎と思わず突っ込みたくなる代物です。

f:id:inachimo:20151223001637j:image
コードレーンええけど、このジャンパースカートとかキュロットとか…(絶句)30代はこんなトラッド?な格好をしていた母も、今ではPatagoniaのリュック背負うカジュアルおばちゃんです。時代やなあ。


CHECK & STRIPE デビュー

裁縫を始めた頃にお友達が教えてくれて、その後調べているうちにハンドメイド界では王者として君臨していることが分かった生地屋「CHECK&STRIPE」から先日布が届きました。我らが神戸のお店。やっぱ繊維は関西だわー。
f:id:inachimo:20151218123145j:image

これらを何にしてやろうか、本を見ながら考えるのが一番楽しい。今のところ…

・チェックのウール→クッションカバー
・赤のフレンチコーデュロイ→娘のバルーンパンツ

青のギンガムや白のブロードは大人用のシャツ、めっちゃいい色なゴールドブラウンのチノクロスは大人用のパンツ、のつもりでしたが、全部子供用になりそうな気もしています。やはり大人用は難しい。単純に大きいので、失敗のリスクも高い。ギンガムチェックのサンドレスとか可愛いかなあ。でも、大人用のシャツも作ってみたいなあ〜。ニットじゃなく布帛のトップスは春夏向きなので、まだまだ考える時間はありそうです。

ひとりプール

ピアノの本番も明後日に迫っているのですが、明日は終業式で午前保育なのでこれはラストチャンス‼︎と思い、今朝は「これは…あかん…(昨日エアロビ)」と思った身体に鞭打って、プールに行って来ました。

最近少しは身体を動かしたり、ストレッチをしているからか、楽に連続して泳げるようになっていました!ハアハアなった時は、ヨガっぽい深い呼吸で整えればすぐに回復。冬休み中も旦那がいる時は、寸暇を惜しんで行かせてもらおう。それから、夏のVERY「子供と水遊びしても消えないアイブロウ」に出ていたイプサのウォータープルーフのアイブロウですが、ガシガシ泳いだにも関わらず残っていましたのでご報告。

ダイエットや美容のために篠原涼子がしていることがほとんど私と一緒だったので、自信を持って続けよう。顔は違うけど。f:id:inachimo:20151217123846j:image

ハンドメイドの行方

裁縫ばかりしている訳にもいかない近頃、手作りはボトムス!主義になりつつあります。前回予告した通り、コーデュロイのショートパンツ。片貝夕起『まいにち着る女の子服』より。f:id:inachimo:20151214193017j:image


型紙作りで1日、裁断・縫製で1日、くらいでできました。裁縫って、案外「裁」の部分が多く、それが面倒かつ難しいなあとも思います。それはさておき、片貝さん曰く、このショートパンツは何を合わせても決まります、とのこと。冬なので、下にレギンスを履かせるとこんな感じ。
f:id:inachimo:20151214210813j:image
春先はリバティのブラウスなんか合わせてみたいなあと。もう少し暖かければ、レギンスでなくハイソックスも可愛いかなあと思います。

スカートも可愛いのですが、まだまだ動きたい盛りの3歳児には、ズボンかこういう重ね履きが本人にとって動きやすいので、良さそうな感じです。まあ焦らなくても、そのうちスカート履きたいと言い出すでしょう。

しかしこの秋冬は、練習というか試作というかで、あれこれ作ってみたので、娘のタンスは結構いっぱいです。結局、自分では作れないファミリア製品+手作りというパターンが多いので、「普段着としていちお買っとこかー」と思って買ったバースデーなどの製品はあまり着ていないような。。娘も大好きなファミちゃんが付いてるし、一番着心地がいいみたいで、すぐファミリア出してきます。でもUNIQLOも好きみたいです(笑)

幼稚園に行っているので、帰ってから体操服のままで過ごすこともあり、まあ私服がたくさん要るのは、小学校なんだろうなという印象。そのうち、習い事関係で「お出かけ服」みたいなのも必要になってくるのかなあ。

でもやはり、手作りは3才以降でいいでしょうね。それまでは、食べこぼしも多いし、作ったズボン濡らされたらキレそうです。

この秋冬は、娘の物はあとダンボールニットのカーディガンがあればよいかなあくらいなので、いよいよ旦那の物を作る時が来るのか?来ないのか?